幅広い活躍には資格が必須?

病院ではなく、美容外科クリニックなど、治療とは一線を画す現場で働きたいと考えている看護師もいるのではないでしょうか。しかし、そのような現場で働くためには、特別に資格が必要かどうかで悩む人もいるかもしれませんね。しかし、実際は、看護師が美容業界で働く場合は、特に必要になる資格はありません。つまり、看護師の資格があれば、基本的には美容業界で活躍できるチャンスはあるのです。

ただし、美容業界で重宝される資格を取得しておけば、スキルアップにつながることは間違いありません。しかも、美容関連の資格を取得しておけば、転職の際に自身をアピールすることも可能です。しかも、就業後クリニックの患者さんと接する時にも、自身を持って応対できるというメリットもあります。

美容系の資格にはいくつかありますが、例えばリフレクソロジーなどのリラクゼーション系の資格を取得すれば、リンパの流れを促し、むくみを改善するスキルが身につくので、体の内側からキレイになりたい患者に対して的確なアドバイスをすることができるようになります。リフレクソロジー系の資格は、日本リフレクソロジー協会が認定している専門の資格があので、一度チェックしてみてはいかがでしょう。

また、香りで癒やしを与えるアロマテラピーの資格は、美容系のクリニックだけでなく、将来的には緩和ケア、あるいは介護の現場などに転職する際も役立ちます。また、直接的に美の追求に関わりたい場合は、エステティシャンの資格もおすすめです。美容業界には様々な資格があるので、ぜひ興味のある資格があればチャレンジしてみてください。